人的資本経営のために社員が自律的に成長する仕組みを実現

新しい働き方、DX環境下でのキャリアマネジメント、組織変革、企業強化から経営変革するグローバル標準ジョブ型人事クラウド

Learn More
Explore
下へスクロール

Scroll Down

人的資本経営を実現し社員が自律的に成長する
仕組みの構築は喫緊の課題です。

経済産業省の今後の人材政策を検討する未来人材会議で、旧来の日本型雇用システムの転換を「未来人材ビジョン」の中で提言。人材を「資本」と捉え、その価値を最大限に引き出すことで、中長期的な企業価値向上につなげる経営のあり方を示しました。その為に3つの視点が重要です。

icon_01

経営戦略と人財戦略の連動

急速に変化する経営環境において、持続的に企業価値を最大化するためには、経営戦略に基づく筋肉質な組織が求められます。その為には、企業の存在意義であるミッションから全社戦略・事業と機能戦略を立案し組織と職務の設計を行います。加えて、人財の配置まで首尾一貫した組織戦略の構築が求められます。重要なのは、自社に適した人財戦略を経営陣が主導し、経営戦略とのつながりを意識しながら策定することが求められます。

Learn More
icon_05

As is-To be:ギャップの把握

事業戦略・機能戦略を担う各部門に必要な職務を明確化した上で、必要なタスク(課業)とスキルを定義し職務記述書(JD)を作成します。人材ポートフォリオ計画に基づき社内外から人財を調整。職務を担う社員が保有する現在のスキルと将来目指す職務とのギャップを確認し事業年度ごとに目標と成果責任を設定。定量・定性両面からの評価項目を共有して人財育成を図ります。

Learn More
icon_03

企業文化への定着

経営戦略と組織戦略を連動して企業価値向上を図るには、企業のミッションステートメント、将来のビジョンや価値観、企業の考え方であるパーパスを組織全体で共有し、企業活動の基本とすることが求められます。人事制度の仕組みは、単なる人事評価や労務管理のツールではありません。体系的な人事の仕組みを構築することで、社員の具体的な行動や姿勢の基本、ひいては、企業文化の醸成の屋台骨となるものです。

Learn More

DX時代に求められる人財育成と組織改革

急速に変化する社会環境に適応する組織改革のために、企業価値を担うDX時代の職務に対応できる優秀な人財の獲得・育成は喫緊の課題です。DXやAIを駆使した先進テクノロジーで人事制度改革を目指します。

Learn more

01

ジョブ型人事評価と賃金システム

グローバルでの競争力が求められる今日、標準化された職務に基づく賃金や評価の仕組みを導入していくのは自然の流れです。JOB Scopeは、透明性をもって公平な処遇と待遇を提供し、職務定義のジョブランクに応じた賃金に対して人事評価がシームレスに連動します。

02

部門変革の課題と解決

ジョブ型人事制度では、チームプレイが崩れ個人主義に陥ってしまわないかという声も聞かれます。JOB Scopeでは、職務に求められるコンピテンシーとして、協調性やコミュニケーション、組織に対する利他主義などチームワークを重視する項目を取組み項目として定義すれば、部門の課題やチームワークも個人が担うべき職務の一部として定義可能です。

03

AIリスキリング分析・キャリアマネジメント

リスキリングで新しい時代・環境変化の激しい時代に沿った能力開発が求められる今日、デジタル技術を活用しながらの価値創造・生産性向上は必須の要件です。JOB Scopeでは、人工知能を活用したスキルをAs is – To beで定量的・定性的に見える化。その上で、社員が自己研鑽する仕組みとしてラーニング項目を提示して成長支援を行います。

04

職務魅力度分析

終身雇用制、年功序列型賃金など日本型雇用システムの限界は以前から指摘されています。職種別採用が一般化して人財の流動性が激しくなる中、社内外の人財を惹きつけるために、魅力ある待遇は欠かせません。JOB Scopeでは、他社や業界の各種情報を定期的に収集し人工知能で分析。労働市場と自社との比較や職務の待遇分析結果を経営層に提供します。

quote

 世界標準仕様として日本にも浸透しつつあるジョブ型人事制度は、職務(Job)に基づく雇用・組織編制・配置・評価・報酬決定を行うもので、次のような構成要素から成り立っています。組織設計・職務の定義・報酬設計・個別報酬管理・人財マネジメント。JOB Scopeは、実務に必要なシンプルなデザインのテンプレートを用意し、大企業はもとより、中堅・中小企業にも使いやすいシームレスな実施・運用のフレームを実現しました。これにより導入に必要な納期が大幅に短縮されます。専門コンサルタントとして20年以上の実績を持つ株式会社プライムコンサルタントのノウハウを豊富に取り入れており、とかく複雑・高コストになりがちであった制度設計・導入プロセスを劇的に短期・省力化し、ジョブ型人事制度の導入効果を早期に実現するうえで絶大な効果を発揮します。

株式会社プライムコンサルタント 代表  菊谷寛之

 パ-パス経営が求められる昨今、経営の中核を担う人事制度の目的は人的資源の追求はもとより、経営との一体感と寄与、個人の成長・育成を促すものでなければなりません。さらに、働き方や価値観の多様化、グロ-バル化の波が押し寄せる中での人事制度には世界標準仕様を見据えた「JOB」の概念が不可欠と言えます。戦後、日本における人事制度は「職務給」が取りざたされてきた歴史がありますが、設計から導入までの複雑性、高コスト性、長期性に加え運用の難易性から頓挫した経緯があります。しかしながら、社会経済の大きなうねりを受け、正に今、JOB型への期待が高まっています。その期待に応えるべく、JOB Scopeはジョブ型人事制度を円滑に実現でき、これまでの障壁や不安要素を一掃した画期的なシステムです。JOB Scopeは経営戦略と人材戦略を合致させた未来志向の経営を切り拓く戦略ツ-ルとして効果を発揮します。

株式会社日本人事総研 代表取締役 並木一成

 VUCA時代・DX・ポストコロナなどにより、あらゆる意味での組織変革が求められる中、昨今注目を集めているのが「ジョブ型人事制度」。ジョブ型企業における人事マネジメントの実務経験上、そこに不可欠なものは「明確に定義された成果責任」と「キャリアにおける自主性・自律性を実現する仕組み」であると私は考えています。 そして、これらは経営戦略と整合しながら体系的に、且つ一貫性を持って進められなければなりません。 そのような意味において、組織デザインから職務定義書作成、給与・賞与提案、キャリア形成や育成プランまでカバーできる「JOB Scope」は「ジョブ型人事制度」の円滑な実現に貢献できるシステムであると考えます。

株式会社 We Are The People 代表取締役 安田雅彦

定義済みスキル標準で簡単に職務定義

職務記述書作成において、タスクやスキル設定は大変です。JOB Scopeでは、厚生労働省の職業情報O-NetやIPA(独立行政法人情報処理推進機構)のiコンピテンションディクショナリ他標準実装していますので、豊富な定義済みデータを参照しながらオリジナルを簡単に作成できます。

0

登録済み職務数

0

定義済みスキル数

0

参照可能タスク数

ホワイトペーパーサムネ01-02

日本企業に求められている組織強化と人材育成のための人事制度は?

組織強化を図りたいがどうすればいいか分からない。人材のスキルアップがうまくいかない。そんなお悩みはありませんか?実はそれ日本全体の問題になっています。OECD先進国で比較すると、我が国の雇用・労働環境には、低迷するGDP、DX人材不足、社員の自己研鑽への取組みの低さなどの課題があります。上記の原因の一つには、企業の人事制度の有り方があると考えます。これからの日本企業に求められる人事制度は、経営戦略に対して最適な組織と職務を設計していくことです。

Download